LAからやってきたGI GLASSESを持って鯖江に行ってきました。

CULTURE BANK カルチャーバンクスタッフ鯖江入り!

カルチャーバンクスタッフが、メガネを持って鯖江工場に行ったお話を聞きたいとは思いますが、まずは鯖江について。

ご存知の方も多いかもしれませんが鯖江市は、メガネと漆器、繊維の三つを中心産業として発展してきた町です。特にメガネ産業はこの地域に集中していて、今でも日本の国産メガネフレームの96%がこの地域で作られています。かつては輸出も多く、欧米の高級ブランドのメガネの多くは鯖江で作られていました。

メガネ業界では有名なお話のようですが、今でもOliver Peoples, Oliver Gold Smith, などメガネ専門のブランドは鯖江の工場を好んで使っているようです。コストの安い方向に流れる欧米のブランドがあえて、原価の高い日本へオーダーしているというのは驚きです。これは鯖江にどこにも真似できない高い技術があるからなんです。

CULTURE BANK ヴィンテージメガネとカルチャーバンクスタッフと<鯖江駅>
鯖江駅は1929年から使われている駅で歴史のある駅です。もともとこの地域の産業はメガネと、漆器があり、その産業を支える交通手段として地域住民を支えてきました。

Related Posts

STAY POSITIVE 蝶番について
STAY POSITIVE 蝶番について
CULTURE BANKを通して、イベントの機会、講演させていただく機会もいただいておりましたが、2月中旬以降は全てのイベントが中止。一部、製品をおかせていただいていた店舗もしばらくクローズと、なかなか厳しい状況になっています。 私自...
Read More
MONO マガジンに取り上げていただきました。
MONO マガジンに取り上げていただきました。
かなりオタクっぽい特集のMONOマガジンに取り上げていただきました。と言いつつ、私たちのプロジェクトも、かなりオタクっぽいかも。。 以前イベントを行った時に、あるお客様に聞かれましたが、「このサングラス、かけたらモテますか?」と。 C...
Read More
CULTURE BANK講演内容の一部
CULTURE BANK講演内容の一部
先日の三菱地所 micro FOOD & IDEA MARKETでの講演内容の一部を少しづつ公開しようと思います。 CULTURE BANK / カルチャーバンクには、メインコンセプトとして失って欲しくない文化資産や、情報を保...
Read More
クリアレンズも購入可能になりました。
クリアレンズも購入可能になりました。
ヴィンテージグリーンのレンズでサングラスもいいけど、クリアレンズのシンプルなものが欲しいというリクエストもありました。数は少なめですが、クリアレンズを入れたものもラインアップに追加いたしました!!
Read More
Vintageのたたずまい
Vintageのたたずまい
GI GLASSESは鯖江でキレイに整えていただいていることもあり、新品のようだというお声もいただいております。鯖江の技術の高さと丁寧さが50年の時間を感じさせないレベルまで完成度を高められたという点ではすごい成果だったと思います。 ...
Read More
ケースにもこだわりを
ケースにもこだわりを
メディアにも特集していただく機会も増え、メガネについてお話をすることが多いのですが、製作者としてはケースも大切にしています。 60’s当時は布や皮のケースが主流でしたが、CULTURE BANKのプロジェクトではあえてアルミケースを採...
Read More