第一プロジェクトがCULTURE BANKの構想を実現した。その2

CULTURE BANK カルチャーバンクがヴィンテージのメガネを文化保護前回の記事

企業にいた頃のマテリアル開発の経験から得た知見を使って、過去に作られたものがなぜ良いのかを噛み砕き、説明し、少しでも現存する文化資産を未来の為に残せないか、そういつも考えていました。

そんな中、今回LAで行き場のないGI GLASSESのリム(レンズ枠のみ)がデットストック状態で見つかったと報告がありました。”軍モノ”と言うと皆さん、品質が悪い、雑に作られてるんじゃ?と思われるかもしれませんが、実は滅茶苦茶こだわって作られているのをご存知でしょうか?このメガネもリベットは昨今の飾りリベットではなく、蝶番まで貫通して留めつけてあるしっかり作り込んであります。(命をかけて戦う場所に行くわけですから作りが良いのは当然なんですが。)

このリムはこのまま放置しておけば劣化して使い物にならなくなってしまいます。現状は劣化もほとんどない状態ですが、また倉庫で密閉されて、少しでも環境が変わればセルロースなのでどうなるかわかりません。

偶然にも私の近くで、作りの良いメガネのリム(レンズ枠のみ)が見つかり、しかもそれは後世に残していくべき文化資産として十分な価値のあるものでした。流石にわかってて見捨てるわけにはいかない。そう思い新たな自社事業としてまた一つ立ち上げることになりました。

ブランド名は、人の生活の中で生まれた文化(Cluture)、情報の蓄積(Bank)と言う意味を合わせ、CULTURE BANKカルチャーバンクとしました。

Related Posts

クリアレンズも購入可能になりました。
クリアレンズも購入可能になりました。
ヴィンテージグリーンのレンズでサングラスもいいけど、クリアレンズのシンプルなものが欲しいというリクエストもありました。数は少なめですが、クリアレンズを入れたものもラインアップに追加いたしました!!
Read More
Vintageのたたずまい
Vintageのたたずまい
GI GLASSESは鯖江でキレイに整えていただいていることもあり、新品のようだというお声もいただいております。鯖江の技術の高さと丁寧さが50年の時間を感じさせないレベルまで完成度を高められたという点ではすごい成果だったと思います。 ...
Read More
ケースにもこだわりを
ケースにもこだわりを
メディアにも特集していただく機会も増え、メガネについてお話をすることが多いのですが、製作者としてはケースも大切にしています。 60’s当時は布や皮のケースが主流でしたが、CULTURE BANKのプロジェクトではあえてアルミケースを採...
Read More
☆★CAMPFIRE 御礼!!
☆★CAMPFIRE 御礼!!
こんにちは、CULTURE BANK 代表の山本です。この度は弊社のプロジェクトにご支援いただき誠にありがとうございました。沢山のご支援をいただいた事で、文化資産保護の価値観にもご賛同いただいたと感じ、とても嬉しく思いました。 CUL...
Read More
年末年始期間の配送について
年末年始期間の配送について
年末年始期間の配送について 日頃より UNBROKEN 公式オンラインストアをご利用いただき、誠にありがとうございます。 年末年始期間中のご注文、及び配送スケジュールのご案内をさせていただきます。お客様にはご不便、ご迷惑をおかけい...
Read More
ビンテージメガネのメンテナンス GI GLASSES
ビンテージメガネのメンテナンス GI GLASSES
メガネはデリケートなものですが、日々の取り扱いや簡単なお手入れを行っていただけると長持ちします。 <取り扱い>・メガネの掛外しは両手で行うとフレームに負担がかかりません。・メガネに付いた汚れは水洗いで問題ありませんが、洗った後に自然乾...
Read More