ケースにもこだわりを

CULTURE BANKアルミケースにもこだわりを GI GLASSES VINTAGE eyewear

メディアにも特集していただく機会も増え、メガネについてお話をすることが多いのですが、製作者としてはケースも大切にしています。

60’s当時は布や皮のケースが主流でしたが、CULTURE BANKのプロジェクトではあえてアルミケースを採用しています。

その理由は?

単純に心配だからです。日本で生活していると、案外カバンに入れての持ち運びが多いのです。サングラスはカバンに入れたまま満員電車で押しつぶされたりタフなシチュエーションで使用されています。

そんな時はやはりアルミのハードケースが好ましいのではないでしょうか。

しかし、せっかく作らならケースにもこだわりたい。

直線とカーブを組み合わせた形状、蝶番による開閉など、できる限りシンプルなスタイリングに仕上げています。極め付けは表面の仕上げ。昨今のアルミ製品はほとんどヘアライン加工(表面をあらかじめ傷つける加工)を行います。これは使用による表面の傷が見えにくくなる為ですが、CULTURE BANKではあえて傷がつきやすいRAW FINISHを採用しています。

このFINISHINGにより60'sの米軍ギアケースのような風合いになるのと同時に、ケース自体もエイジングが楽しめるようになります。ぱっと見わかりにくいディテールですが、製作者としては実は結構子だっわっていたりします。

Related Posts

CULTURE BANKもう一つの役割
CULTURE BANKもう一つの役割
実はCULTURE BANKへの参加は「投資」でもあります。世の中で販売されているものの多くは、買った瞬間、お金を払った瞬間に元値の10%〜20%にまで価値が下がってしまいます。これではは明らかに損です。 本来、優れたプロダクトにおい...
Read More
CULTURE BANKの役割
CULTURE BANKの役割
CULTURE BANKとは、人間がこれまでの生活の中で考え生み出してきたプロダクトや技術、文化価値のデータバンクです。 効率性と原価の切り詰めだけが求められる昨今、かつての高いクラフトマンシップによって生み出されたプロダクトはすごい...
Read More
テンプルの図面
テンプルの図面
前回のブログでテンプルをよりスペシャルにするというお話を書きましたが、早速図面が上がってきました。テンプル自体のシェイプもオリジナルに近いカーブを描くように調整しています。 カシメ(リベット)はダイヤ型のものを特別に作ろうと考えていま...
Read More
オリジナルケースデザインの決定
オリジナルケースデザインの決定
■ 素材 時代的には革製や布製を使うことが多かった時代ですが、60年代急速に普及した軽量なアルミニウムを採用しました。理由は単純で、ハードケースの方がカバンに入れた時に安心感があるからです。 ■ 表面加工 一般的には、アルミニウムは表...
Read More
GI GLASSESとは?
GI GLASSESとは?
<アメリカ軍 ミリタリー眼鏡 >軍用語で用いられる”GI”とは、アメリカ陸軍の兵士の俗称です。官給品“Government Issue”の略語として用いられております。 目の悪い兵士たちに向けて国が指定して量産されたモデ...
Read More
度付きレンズの対応について、断念した経緯
度付きレンズの対応について、断念した経緯
度付きレンズにできますか? 問い合わせをいただいたので、ブログでも少し触れておこうと思います。 私もメガネをかける人間として、Campfireでも度付き対応をしたいと考えていたのですが、そこには大きなハードルがございました。それはレ...
Read More