オリジナルケースデザインの決定

CULTURE BANK カルチャーバンクが文化資産保護を GI GLASSESのCASE

■ 素材

時代的には革製や布製を使うことが多かった時代ですが、60年代急速に普及した軽量なアルミニウムを採用しました。理由は単純で、ハードケースの方がカバンに入れた時に安心感があるからです。

■ 表面加工

一般的には、アルミニウムは表面に傷が入りやすいので、目立たないよう”ヘアライン”と呼ばれる、あらかじめ傷をつける加工を施しますが、GI GLASSESのケースは傷が雰囲気を作り出すエイジングを大切にしようかと考え、あえてプレーンな”RAW FINISH”を特注します。

■ 刻印

上半分は内容物の説明(GI GLASSESが入っていた箱に記載があったもの)下半分は色と、どこで組み立てたかを刻みます。内容はあくまでミリタリー感を大切にする為、シンプルに。

FRONT, SPECTACLE, CELLULOSE ACETATE
GRAY, ASSY SABAE, JPN, 60's US GI GLASSES

簡単にご説明すると、

FRONT(リム), SPECTACLE(眼鏡), CELLULOSE ACETATE(セルロースアセテート)
GRAY(グレー), ASSY SABAE, JPN(日本の鯖江で組み立てた), 60's US GI GLASSES(60年代のアメリカGIグラス)

となります。試作品を依頼しましたので、またサンプルが上がりましたら報告いたします!

Related Posts

日本の文化とは
日本の文化とは
日本ほど良いものを作る国はほかにないと思っています。しかし、近年は価格競争だけが激化して品質は落ち…、という負のスパイラルに陥っています。日本全体がふたたび潤うためには、作ったものがしっかりと評価されることだと考えています。 カルチャ...
Read More
サイズについて
サイズについて
試着会でも数件お問い合わせいただきましたので、図面を重ねたイメージを作成しました。 S,M,Lは、はめこむレンズのサイズです。どのサイズも、メガネ自体の幅は日本で販売されている一般的なサイズ、約140mmを設定していますので多くの方に...
Read More
CULTURE BANK講演内容の一部
CULTURE BANK講演内容の一部
先日の三菱地所 micro FOOD & IDEA MARKETでの講演内容の一部を少しづつ公開しようと思います。 CULTURE BANK / カルチャーバンクには、メインコンセプトとして失って欲しくない文化資産や、情報を保...
Read More
クリアレンズも購入可能になりました。
クリアレンズも購入可能になりました。
ヴィンテージグリーンのレンズでサングラスもいいけど、クリアレンズのシンプルなものが欲しいというリクエストもありました。数は少なめですが、クリアレンズを入れたものもラインアップに追加いたしました!!
Read More
Vintageのたたずまい
Vintageのたたずまい
GI GLASSESは鯖江でキレイに整えていただいていることもあり、新品のようだというお声もいただいております。鯖江の技術の高さと丁寧さが50年の時間を感じさせないレベルまで完成度を高められたという点ではすごい成果だったと思います。 ...
Read More
ケースにもこだわりを
ケースにもこだわりを
メディアにも特集していただく機会も増え、メガネについてお話をすることが多いのですが、製作者としてはケースも大切にしています。 60’s当時は布や皮のケースが主流でしたが、CULTURE BANKのプロジェクトではあえてアルミケースを採...
Read More