オリジナルケースデザインの決定

CULTURE BANK カルチャーバンクが文化資産保護を GI GLASSESのCASE

■ 素材

時代的には革製や布製を使うことが多かった時代ですが、60年代急速に普及した軽量なアルミニウムを採用しました。理由は単純で、ハードケースの方がカバンに入れた時に安心感があるからです。

■ 表面加工

一般的には、アルミニウムは表面に傷が入りやすいので、目立たないよう”ヘアライン”と呼ばれる、あらかじめ傷をつける加工を施しますが、GI GLASSESのケースは傷が雰囲気を作り出すエイジングを大切にしようかと考え、あえてプレーンな”RAW FINISH”を特注します。

■ 刻印

上半分は内容物の説明(GI GLASSESが入っていた箱に記載があったもの)下半分は色と、どこで組み立てたかを刻みます。内容はあくまでミリタリー感を大切にする為、シンプルに。

FRONT, SPECTACLE, CELLULOSE ACETATE
GRAY, ASSY SABAE, JPN, 60's US GI GLASSES

簡単にご説明すると、

FRONT(リム), SPECTACLE(眼鏡), CELLULOSE ACETATE(セルロースアセテート)
GRAY(グレー), ASSY SABAE, JPN(日本の鯖江で組み立てた), 60's US GI GLASSES(60年代のアメリカGIグラス)

となります。試作品を依頼しましたので、またサンプルが上がりましたら報告いたします!